ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら

Blowin’ in the Windオープン!
樫山の風吹き抜ける地で
極上の鰻重を堪能

Release:22.07.22

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

清里の旧村「樫山」に2022年7月16日オープンしたばかりの「Blowin’ in the Wind」(ブローウィンインザウインド)。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

―――“風に吹かれて”。
店名からその店が何を考え、どんな価値観を持ち、何を大切に思い、どんなことに心を動かされるのか…そんなことがなんとなく伝わってくるお店。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

もともとお蕎麦屋さんだった店舗をリノベーションして、鰻と喫茶とレコードのお店として生まれ変わった。
同じ山梨県内なのに、ここに広がる風景は、いつもの日常からなんだかとっても遠いところにある。

川のせせらぎ、鳥のさえずり、吹き抜けていく風の道…もしかしたら、変わらずにいつもそこにあったのに、気づかなかっただけかもしれない。
“風切りの里”として知られる風のエリアで、極上のうな重…なんて幸せな組み合わせ!

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

店に入ると、レコードの立体感のある心地いい音が包み込み、その音溝に刻まれた無限の世界へと引き込まれていく。
入ってすぐに、「このお店、好き!」と確信!(あれ、おかしいな~、一目惚れはしないタイプなのに)。
頂くメニューは迷わず、肝吸いと香の物が付いた“樫山鰻ごはん”♪

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

眩しい緑に囲まれた、シックで落ち着いた店内はインテリアにもこだわり、居心地のいい空間が広がる。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

私を魅了したのは、何といっても緻密な美しい木目のこのテーブル。
カラマツの樹齢の深みと共に、木の力強さがしっかりと感じられる、特別感のある逸品だ。

中心に1本すっとはいった黒い模様は、透明感のある艶やかな質感で鰻を表現しているという。一つひとつ手作業で丁寧につくられているから、すべて少しずつ異なっているのだ。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

おしぼりは、風力発電の風で織った今治が生んだオーガニックタオル、IKEUCHI ORGANIC。
湯呑は、偶然にも私がショップブログで紹介したばかりの、山梨の果物の釉薬を使った日月窯だった。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

そして、おしぼり置きや箸、箸置き、お重は、なんとサントリー白州蒸留所のウイスキーの古樽を譲り受け、再利用したものなんだとか。
ここにあるすべてに様々なストーリーがあり、それを少しずつ知れることは、なんて楽しいことか。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

蓋を開けた途端、香ばしくてほんのり甘い美味しい香りが…。
これはたまらない!

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

ふわっと柔らかなうなぎに、上品な甘さのタレ、うなぎの程よい脂を一粒一粒に纏ったふっくらごはん…まさに“米+鰻+タレ”の華麗なる饗宴。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

五臓六腑に染み渡る満足感の余韻に浸る。

『樫山を吹く風は優しく、爽やかに、時に厳しく吹き抜けていく。
時代を超え、境界線を超えて融合した文化は
集う人々を刺激し、発酵させ、新しい何かを創っていく。
友よ、答えは風に吹かれている。
そう、答えは風に吹かれてる』

樫山の風に吹かれて、次は喫茶を楽しみに…。

Blowin' in the Wind(ブローウィンインザウインド)

スポンサーリンク

Blowin’ in the Windブローウィンインザウインド

住所

山梨県北杜市高根町清里2890-1

営業時間


11:00~L.O.14:00
甘味&ドリンク
11:00~L.O.17:30

TEL

0551-45-6778

定休日

月・火曜日
※臨時休業あり

駐車場

あり

URL

グルメ詳細

HP

Instagram

主なメニュー

・樫山鰻ごはん(肝吸い・香物付き)5,445円
・蒲焼 4,620円
・白焼き 4,620円
・う巻き 1,980円
・卵焼き 800円

備考

※予約は前日までにInstagram、電話(営業時間中は対応不可)、メールにて。



トップへ