ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら

ハリネズミ (ヨツユビハリネズミ)
飼い方・特徴・種類
~初心者向け~

SNSを中心に、その可愛さで人気沸騰中のハリネズミ
マンションのような室内でも飼いやすく飼い主が日中家を空けていてもOKということもあり、今大注目のペットです。
そんなハリネズミを「おうちにお迎えしたい」と考えている人のために、特徴飼い方のポイントなどの情報をご紹介します!

(監修:ペットフィールド新平和通り店

1.ハリネズミの特徴

ハリネズミ
大きさ:14~20cm
値段:約10,000~30,000円
寿命:約2~5年
飼いやすさ:★★★☆☆
慣れ度:★★☆☆☆

とってもデリケートで臆病な性格

警戒心が強く、ちょっとしたことでも緊張してすぐ針を立てたり噛んだりするため、一般的にしつけは難しいと言われているハリネズミ。信頼感を深めるコツは、なるべくストレスを与えないよう静かな環境で、根気強く飼い主の匂いに慣れさせていくこと。

トゲトゲの針

ハリネズミといえばトゲトゲの針。もちろんこの針は痛いけど、それは威嚇して立てている時だけ。リラックスしているときは針を寝かせているので、生えている方向に沿ってなでればまったく問題なし。ちなみに、この針は毛が硬化したものなんだとか。

室内で飼いやすい

体臭はあまりなく、鳴き声も小さめ。また、飼育用ケージは60cm×90cmほどのサイズでOKなので、集合住宅やマンションでの飼育も可能。

日中働いている一人暮らしの人にもおすすめ

夜行性で騒音やまぶしい環境が苦手なハリネズミは、日中は薄暗くして静かに過ごさせてあげることが必須。また野生では単独で生活しているので、スキンシップのとりすぎもNG。そのため、日中仕事で外出している単身者にはピッタリ!

謎の行動『アンティング』

ハリネズミは匂いや味にとても敏感。初めて嗅ぐものや食べるものは、クンクン匂いを嗅いで少し舐めたり噛んだりしたあと、口の中で唾液の泡を作り、体にその泡を塗る『アンティング』と言う行動をとる。なぜその行動をするのかはまだ謎だそう。初めてその行動を見る人はちょっとビックリするかも!?

2.ハリネズミのお世話

ハリネズミ

基本的なお世話

毎日 食事(1日1回)、飲み水の交換、トイレとケージの掃除、便の状態チェック、運動
2週間ごと 体をきれいにする
1ヶ月ごと 動物病院での健康診断
3か月ごと 爪切り

温度管理が重要

ハリネズミが快適に生活できる温度は25℃~28℃で、湿度は40%。特に寒さには敏感で、温度が低すぎると冬眠してしまうことも。寿命にも影響するので、クーラーやヒーターなどを利用して適正温度を維持するようにしよう。

体の状態や病気に注意

ハリネズミに多い病気は、ダニ症、腫瘍、歯周病、肥満など。特にダニ症は発症しやすいので、常にケージ内は清潔にし、定期的に濡れタオルやウェットティッシュで拭いてあげたりぬるま湯で足湯をしてあげたりと、こまめなケアが必要。
またストレスや消化不良ですぐ便が緑色になるので、日々の体調チェックも欠かさずに。

かじりそうなものは近くに置かない

ハリネズミは目新しいものを見つけるとすぐかじろうとするので、ケージから届く範囲にものを置かないようにしたり、部屋んぽ(お部屋の中でのお散歩)時にも気を配ったりすることが大切。特に電気コード類や医薬品・化粧品・殺虫剤などの化学薬品、中毒の恐れのある植物類など、ハリネズミの健康に影響を及ぼすものもあるので事前に対策を。

食べ物

ペレット(総合栄養食/主食)

必要な栄養素が含まれている。与える回数は1日1回。

果物、野菜など(おやつ)

種類によっては中毒を引き起こすものや病気の原因になるものもあるので、与える種類・量にはご注意を。

ミルワーム(虫の幼虫/おやつ)

野生では雑食で昆虫も食べる。脂質がやや多いので与える量は少なめに。

ささみ、ゆでたまご、チーズなどのたんぱく質(おやつ)

高カロリーなものが多いので食欲がない時などに。

3.ハリネズミのスキンシップ

ハリネズミ

気長に信頼関係を築こう

警戒心が強く、お迎えしてもしばらくは姿を隠したり威嚇されることもしばしば。
でも、焦らずゆっくり距離を縮めていけば飼い主の声や匂いを覚えてくれ、もっと慣れていくと名前を呼べばケージから出てきてくれたり、抱っこさせてくれるように。

鳴き声で感情表現

実は鳴き声で感情表現するハリネズミ。機嫌のいい時は「フンフン」「ピーピー」と鳴いたり、怒っている時は「フシュッフシュッ」「シューシュー」と警戒音を立てたり。鳴き声から気持ちを読み取ってあげるのも信頼感を深める重要なポイント。

適度な運動を

ハリネズミはぽってりした体型とは裏腹に、野生では一晩に3~5kmの距離を歩き回るほどよく動き回る。運動不足解消のため、ケージの中に回し車を設置してあげると◎。

4.ハリネズミを飼うために用意するもの

必要なもの(平均予算:約15,000~25,000円)

・ケージ(モルモット用のもの)
・キャリー(移動用の入れ物)
・寝床(隠れられるもの)
・食器
・給水器
・ハリネズミ用の床材
(ペットシーツの代わり)
・回し車
・ヒーター
※エサの平均予算:約1,500円~2,500円/月

あると便利なもの

・ダニ防止スプレー
・厚手の手袋
・爪切り

環境作りのポイント

  • ケージ内に隠れられるようなスポットを
  • ケージは静かでまぶしくない場所に設置
  • 病気予防のため良好な衛生状態を常にキープ

5.専門スタッフからのアドバイス

SNSでは愛らしくて人馴れしているハリネズミをよく見かけますが、実際は心を開いてもらうまでにかなり時間が必要で、中にはずっと威嚇している子もいます。
飼う時はハリネズミの性質を理解したうえで適度な距離間で接してあげてください。
お迎え前にケージの中に飼い主の匂いがする物(服など)を入れておくと匂いを覚えやすいですよ。
また皮膚病になる子が多いので、こまめな掃除も大切なポイントです!

ペットフィールド
新平和通り店
ハリネズミ担当者

6.ペットフィールド新平和通り店
取り扱い種類・カラー

ハリネズミ(ノーマル)の写真
ノーマル
値段:36,080円
ハリネズミ(シナモン)の写真
シナモン
値段:36,080円
ハリネズミ(パイド)の写真
パイド
値段:36,080円
右へスクロール
その他の特集はこちら
トップへ