ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら

Release:21.10.22

LE KOPPI
~フィーカの花を咲かせましょ~

LE KOPPI 写真1

〇月×日

「FIKAしよ♪」

コーヒーとスイーツを楽しむフィーカは、北欧の暮らしに根付く素敵なお茶時間。

単なるコーヒーブレイクではなく、ライフスタイルともいえるフィーカは、日照時間が短い北欧の暗く長い冬を、おうちでいかに豊かに過ごすかの工夫なのだ。

LE KOPPI 写真2

「FIKAしよ♪」

そう思いたったら、向かう場所はひとつ。

LE KOPPI 写真3

甲府の中心、三日町通りの路地を入ったところに佇む古民家カフェ。

「LE KOPPI(ルコピ)」。

藍染めの暖簾がゆらゆらと風と戯れ、光と遊ぶ。

LE KOPPI 写真4

間借りを卒業、ここに移転してちょうど1年…。

いつ来ても変わらない距離感と
変わらない速度が愛おしい。

LE KOPPI 写真5

ながこさんが織りなす心地いい空気感。

ここに集まる人たちは、きっとそんな彼女に魅せられているのだろう。

LE KOPPI 写真6

わたしもそのうちのひとり。

お手製の美味しい焼き菓子とレモネードコーヒーの
Hygge(ヒュッゲ)な時間。

LE KOPPI 写真7

ながこさんが焼いたお菓子はもちろん、軽食も最高だ。

オオトパンのブリオッシュに、笛吹市のどんぐり牧場のこだわりたまごとサーモンをたっぷり挟んだサンドイッチが“Today’s SPECIAL”。

爽やかなディルが贅沢感をアップする。

LE KOPPI 写真8

リネンのカーテンが風に揺れ、静かに時を刻む。

なんて美しく、温かな刺繍なんだろう。

一瞬で心奪われた刺繍は、つくり手の温もりや人柄がふわりと香り、胸にやさしく語りかけてくる。

LE KOPPI 写真9

LE KOPPI 写真10

LE KOPPI 写真11

それはお菓子も一緒。

ながこさんの焼くケーキはとっても素朴で、だけどお菓子らしくしっかり甘くて、食べると幸せな気持ちで満たされる。

LE KOPPI 写真12

本日のフィーカはフィンランドのお菓子「シナモンロールチーズケーキ」!

LE KOPPI 写真13

のびのびと心を込めて育てた鶏が産んだ卵を使い、ホールのカルダモンをミルで粗く削って生地に練り込む。

クリーミーなチーズケーキにシナモンが香り高く、カルダモンのスパイスが効いて、忘れられなくなる美味しさ。

LE KOPPI 写真14

素朴で優しい味わいなのに、ピリッとスパイスがアクセントになった、存在感のあるお菓子は、ながこさんそのもの。

パールシュガーだって北欧から取り寄せているというこだわりようで、いつも北欧のレシピに忠実に寄り添っている。

LE KOPPI 写真15

イエローレモンの酸味、メイヤーレモンの甘さ、グリーンレモンの苦み、すべてを満喫できるレモネードコーヒーとともに。

LE KOPPI 写真16

“日常の中でふとした非日常を感じられる”器と
季節の折々のお菓子。

手に届く、豊かでささやかな暮らしを楽しむ。

その気持ちは北欧に通じている。

LE KOPPI 写真17

さあ、今日もフィーカの花を咲かせましょ。

LE KOPPI 写真18
お店の情報はこちら
LE KOPPI
-甲府市
LE KOPPI
ひっそりと佇む古民家を改装した北欧菓子とコーヒーのお店。和の雰囲気漂う空間にはゆったりとした時間が流…
この記事をかいた人
名前:カンカン

料理と器とワインをこよなく愛するママ編集者。
性格がおおざっぱなため、お菓子作りは失敗しがち。
最近は酵母菌を我が子のように可愛がっているらしい。

― カフェ好きならコチラもおすすめ ―
カフェブログ一覧へ
スタッフブログ一覧へ
トップへ