ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら
2020年11月20日

BRASSERIE REGOLITH
~美味しいの向こう側~

BRASSERIE REGOLITH 写真1

〇月×日

人の味覚ほどあてにならないものはない。

その日の気分や気温、体調によって、“美味しい”の基準なんていとも簡単にかわってしまう。

でも。

いつ食べても変わらずに心喜ぶ味がある。

BRASSERIE REGOLITH 写真2

そこには、様々なストーリーや作り手の想い、愛がいっぱい詰まっていて、

ひと口食べたらとってもハッピーな気持ちになれる♪

BRASSERIE REGOLITH 写真3

私をそんな幸せオーラで包んでくれる、八ヶ岳の製パン工場の敷地内に佇む可愛いお店。

BRASSERIE REGOLITH(ブラッスリーレゴリス)。店頭のキッチンカーが目印。

BRASSERIE REGOLITH 写真4

BRASSERIE REGOLITH 写真5

窓の外に広がるのどかな風景。

昼も夕暮れも夜も。

自然ってなんて美しいんだろうと思う。

BRASSERIE REGOLITH 写真6

そんな当たり前のことに気付ける、当たり前の時間。

すごく価値のあることは、いつもすぐ近くに転がっている。

BRASSERIE REGOLITH 写真7

美景を愛でつつ、いただくのはフレンチ出身の小島シェフが作る、とびきりハンバーガー。

フレンチなのにハンバーガー?

そう、実は3兄弟の三男、小島シェフの実家はパン屋さんで、1番上のお兄ちゃんはパン職人。

お兄ちゃんが作るパンが大好きすぎて、そのパンに合うパテを中心に具材を考えて作るという。

BRASSERIE REGOLITH 写真8

目の前でシェフの軽やかな手さばきを眺められるのも、なんとも贅沢なお楽しみのひとつだ。

だから私の特等席はカウンター!

BRASSERIE REGOLITH 写真9

BRASSERIE REGOLITH 写真10

チーズバーガーに、卵好きの私は目玉焼きをトッピング。

BRASSERIE REGOLITH 写真11

お兄ちゃんが焼く、ほんのり甘くてふんわりとしたバンズ。

このバンズありきでバランスを最優先に考え抜かれたバーガーは、美味しいを超える+αに溢れる。

BRASSERIE REGOLITH 写真12

揚げたての細きりポテトにピクルス付き。

パンとお肉のいい香りがたまらない!

BRASSERIE REGOLITH 写真13

きめ細やかでジューシーなパテに、手作り自家製オーロラソースにきざみピクルスがたっぷり。

シンプルながら、バンズと具材が互いに引き立て合い、協調する。

そして、すべてを半熟の目玉焼きがとろりとまろやかに包み込む。

BRASSERIE REGOLITH 写真14

食後は、併設するパティスリーアツタマのスイーツを。

こちらはパティシエである2番目のお兄ちゃんが担当。

BRASSERIE REGOLITH 写真15

冬なのに、タルトシトロンがあるなんて珍しい!

シトロン好きの私は、迷わずオーダー♪

小島パティシエが個人的に大好きで「通年出す!」と決めたんだとか。

そうそう、レモン=夏なんて誰が決めた??

あったか~いカフェオレに、甘酸っぱいタルトがこんなにも合うのに。

BRASSERIE REGOLITH 写真16

兄弟愛が紡ぐたくさんのストーリーと想い…。

美味しいを超える理由は

美味しいの向こう側に。

BRASSERIE REGOLITH 写真17
お店の情報はこちら
BRASSERIE REGOLITH
-北杜市
BRASSERIE REGOLITH 写真18
地元「安都玉製パン」の美味しいパンを使ったメニューを楽しめるBRASSERIE REGOLITH。パ…
この記事をかいた人
名前:カンカン

料理と器とワインをこよなく愛するママ編集者。
性格がおおざっぱなため、お菓子作りは失敗しがち。
最近は酵母菌を我が子のように可愛がっているらしい。

そのほかのカフェブログはこちら
カフェブログ一覧へ
スタッフブログ一覧へ
トップへ