ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら
2020年8月28日

KUPU-KUPU(クプクプ)
~ささやかな夏の記憶に~

クプクプ甲府昭和 写真1

〇月×日

私の耳は貝の殻

海の響きを懐かしむ


Mon Oreille est un coguillage.

Qui aime le bruit de la mer.

私の大好きなジャン・コクトーの詩。

高校生の時に出会ったのは原文だった。

フランス語特有の美しい響きで、

歌うように、10代の多感な心に訴えかけた。

でも、堀口大學の訳がまたこの上なく素晴らしい。

クプクプ甲府昭和 写真2

寄せてはかえし、また寄せてはかえす波の音。

幾度となく、永遠に繰り返される海の響き。

時に置き忘れられた貝殻は、

過ぎゆく夏の記憶に心を寄せる私そのものだ。

クプクプ甲府昭和 写真3

大好きな夏が終わろうとしている。

太陽に照らされキラキラと光る水面。

吸い込まれそうな深い青と透明な輝き。

クプクプ甲府昭和 写真4

夕日をのみこむ水平線。

月と歩く静寂の砂浜。

クプクプ甲府昭和 写真5

今年の夏は、どれも叶わなかった…。

いや、諦めるのはまだ早い。

そうだ、あそこに行こう!

クプクプ甲府昭和 写真6

やってきたのは、バリ風リゾートダイニング&バー

KUPU-KUPU(クプクプ)

クプクプ甲府昭和 写真7

店内には滝が流れ、入ってすぐのところにはビーチサイドカウンターが。

クプクプ甲府昭和 写真8

想像力を働かせれば、見えてくる目の前に広がる青い海と白い砂浜…。

人間のイマジネーションとはなかなかすごいものだ。

膨らんだ空想の世界を漂い、流れる滝の音が寄せてはかえす波の音に聞こえてくる。

クプクプ甲府昭和 写真9

現地から取り寄せたという、こだわりのインテリアも功を奏し、気分はすっかりバリ♪

異国情緒たっぷりに、リゾートの非日常時間を満喫する。

クプクプ甲府昭和 写真10

オーダーしたのは、夏バテ気味の身体にカツを入れてくれそうな、ジャークチキン!

クプクプ甲府昭和 写真11

1日以上味噌に漬け込んで、しっかり味が染み込んだ柔らかチキンに、とろ~り半熟目玉焼きを絡めながらいただく。

クプクプ甲府昭和 写真12

クプクプ甲府昭和 写真13

まろやかな黄身の甘みとコク深い旨味スパイスに、ハーブが爽やかに香る。

舌全体で夏を満喫する。

クプクプ甲府昭和 写真14

スイーツのラインナップも魅力的すぎる!!

クプクプ甲府昭和 写真15

でも、今日は食後のドリンクで喉を潤そう。

クプクプ甲府昭和 写真16

今年の夏は短かった。

目をそっと閉じれば聞こえてくる波の音。

吹き抜ける海の風。

ささやかなこの夏の記憶に…。

クプクプ甲府昭和 写真17
お店の情報はこちら
KUPU-KUPU
-甲府市
クプクプ甲府昭和 写真18
バリ風リゾートダイニング&バーが甲府市国母にOPEN!本場仕込みのシェフが創作する憩いの時間と特製料…
この記事をかいた人
名前:カンカン

料理と器とワインをこよなく愛するママ編集者。
性格がおおざっぱなため、お菓子作りは失敗しがち。
最近は酵母菌を我が子のように可愛がっているらしい。

そのほかのカフェブログはこちら
カフェブログ一覧へ
スタッフブログ一覧へ
トップへ