ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら
富士北麓を盛り上げる起業家 | 鎌倉 有佑さん

鎌倉有佑さん(31歳)
富士吉田市出身 富士吉田市在住
“株式会社Civic Pride 代表取締役”
“富士の恵水株式会社 代表取締役”
“人材派遣・人材紹介 日富士株式会社 役員”


大学卒業後、東京都内で就職した鎌倉有佑さん。

2015年冬、家業である人材派遣・人材紹介の会社の経営を手助けするため、地元・富士吉田市にUターン。(株)リクルートキャリアでの転職支援の業務経験を活かし、業績アップに貢献。


東京と山梨の2つの人材会社で感じたこと…それは働く側と雇用側のギャップ。

ライフワークと仕事をうまくマッチングさせることが人口の県外流出を食い止めることになると考えて始めたことが今の活動のきっかけになっています。

地元、富士北麓地域を盛り上げる、鎌倉さんの様々な活動をご紹介します。

 

 

地域の魅力を地元に向けて発信

地元へ戻り、感じたこと。

お祭りや自然保護など、地域貢献のために一生懸命活動する人の一方で、地域の未来に悲観的な人がとても多いということ。

「意外に地元の魅力って、気づいていないものですよね。もっと地域に対する誇りを持ってほしい。そんな思いから、幼なじみと株式会社Civic Prideを設立しました」。

メンバー全員が一度地元を離れ、東京で働きUターンしてきました。離れたからこそわかる、地域の魅力を地元の人に伝えたいと、2016年フリーマガジン「シルベ!」を創刊。

 

シルベ!の名前に込めた思い

富士北麓地域の魅力を発信する「シルベ!」。

タイトルには、地元の方言「知るべぇ」と、この地域の道標(みちしるべ)となる存在に…という意味が込められています。

A4判中綴じのフリーマガジン。年4回発行(季刊)、現在6号まで刊行。

「多くの人が富士北麓地域に住むきっかけにしたい」…全員本業を抱えながら、ダブルワークで頑張る制作スタッフたちの思いは熱い。

 

テーマは「暮らし」「仕事」「住む」。

毎号、北麓地域への移住者やUターンした人々の姿を紹介しながら、地域の新たな可能性や選択肢にクローズアップ。地域を見直すきっかけやこの地域に住みたい気持ちを後押しします。

「地域で活動している様々な人にフィーチャーし、紙面を通して取り上げた方々と読者のつながりが生まれ、新たな活動へと発展しています」と、鎌倉さん。

 


“働く”をテーマに新装刊

2017年には日本タウン誌・フリーペーパー大賞で、見事優秀賞に輝きました。



「述べ300通以上の手紙をいただき、多くの反響を実感でき、自分たちの活動が間違っていないという自信にも繋がりました」。

 

シルベ!夏号では、リニューアルを予定。

「今後は“働く”をメインテーマに、雇用の負の部分にも切り込み、U・Iターンを後押しする雑誌へと展開していきたいと考えています」。

 

良いところだけでなく、移住やU・Iターンに際して「雇用」「賃金格差」などの問題点を取り上げることで、ありのままの姿を紹介しながら、この地域に住んでいるからこそのリアルな目線で理想と現実のギャップを埋めていく。U・Iターン希望者に、よりリアルなビジョンを提案して後押しできる雑誌へと進化が期待されています。

 

「WEBサイトやSNSを活用することで、よりリアルタイムな情報が得られる雑誌へと展開していきたいですね」。


地域のブランド化が今後の目標

様々な肩書を持つ鎌倉さん。

現在「富士の恵水株式会社」を立ち上げ、代表取締役に就任。

「富士山と富士五湖に抱かれた富士山の天然水が日本一ということをPRし、ブランディングしたい。当たり前に使っていた水が、ものすごくキレイで外から見れば贅沢な環境にいるということをもっと全国や世界に広げていきたい。

そんな思いを込めて富士山の天然水を扱った総合代理店・地域商社として立ち上げました」。

 

 

鎌倉さんの多くの活動には、地元富士吉田市や富士北麓地域をより良いところにしたいという思いが詰まっています。

地域の可能性や未来を信じる、地域への深い愛を感じました。

これからも鎌倉さんの活動に注目していきたいですね。



シルベ!Facebook


バックナンバー
トップへ