ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら
ダメ男から一転した司法書士 | 住吉 寿夫さん

住吉 寿夫さん(30歳) 南アルプス市出身 
”司法書士”


給与、待遇、安定、業務内容―。

仕事選びの条件は人ぞれぞれ。

今回の主人公・住吉寿夫さんが一番のポイントにしたのは『40年以上勤められる』こと。

それを叶えるため大学3年生から勉強を開始し、約5年の歳月をかけて司法書士資格に合格・開業した住吉さんの軌跡をご紹介します。

 

勉強嫌いだった学生時代

司法書士資格の取得は、法曹界では弁護士資格に次ぐ難しさ。
並大抵の努力では受かることはできません。

そのため住吉さんも他の受験者と同じように学生時代から勉学にいそしんでいたかと思いきや、学校での勉強は「嫌いだった」ときっぱりと話します。


「高校時代は野球一筋、大学時代はダンス部でダンスをしに行ってたようなもんです。




夜はクラブに行ったり、ファミレスでバイトの日々。正直勉強嫌いで授業もろくに出てませんでした。



むしろ僕から率先して友達を誘って授業をサボってましたからね…(笑)。まさに典型的なダメ男で、今考え
るとやばいです(笑)。」


 

本気で10年取り組めば何でもできる!

そんな住吉さんが一転して司法書士を目指すことになったきっかけは、21歳の時の就職活動。

当時世間はリーマンショックの影響で就職氷河期と言われる時代。

厳しい状況の中で、住吉さんは自身の人生と向き合うこととなります。


「大学3年生の冬、リーマンショックで就職氷河期に突入したんです。この悪環境の中で、21年しか生きていない自分がこの先定年まで40年以上も勤められるところを就職活動中の短期間で決められないと思いましたし、とりあえず就職するという決断もできませんでした。

当時コンビニで非正規で働いている30代の方を見かけた時に、自分もあと10年でこの人たちと同じ年になるんだ…と思ったことがあって、本気で10年取り組めば何でもできる!30歳になったときに司法書士バッジをつけてバリバリ働いていたらかっこいいな!という気持ちが沸き起こり、受験を決意しました。」

 

応援してくれたのは親と彼女だけ

司法書士になるべく勉強を開始した住吉さん。
しかし周囲の人は思いもよらない反応を示します。

「大学教授や親戚、友達はまさかの反対。応援をしてほしかったので正直ショックだったし悔しかったです。

目上の人に「司法試験に年間何人合格してるか知ってる?全体の2%だよ」って言われて、本当に無理なのかな…って思っちゃって。でも逆にそれがバネになりました。今思うと反対された理由もわかりますけどね(笑)。

そんな中でも、親と彼女だけが応援してくれました。厳しい挑戦でも頑張れたのは、この人たちのおかげです。」

ちなみに当時応援してくれた彼女が今の奥さんなんだとか…

 

挫折を乗り越えた先の合格

大学を卒業してから司法書士試験に合格するまで5年。

その長く険しい道のりの中であきらめようと思ったことはないか?と質問を投げかけてみると、「ない」と即答。

その理由は「30歳まではやると決めていたし、家族にも彼女にも30歳まではチャレンジしたいと伝えていたから」と語ります。

しかしそんな強い意志を持った住吉さんでも、心が折れそうになったことも。

「司法書士試験4回目の時に合格したんですけど、3回目の時は0.5点足りなくて不合格。本当にショックでした。0.5点って1文字間違えた程度なんですよ。それまで努力してきた自分を裏切った気持ちになりました。

一方で周囲の人たちは結婚や転職なんかでどんどん変化していて、焦る気持ちもあったり…。とにかくこの状況を打破できる特効薬ください…って感じでした(笑)。3回目の受験の後は早く翌年の受験日なってほしいって気持ちでいっぱいでしたが、次の受験で無事合格することができて目標を達成することができました。」

 

今後のビジョン

人生の目標をひとつクリアした住吉さん。

今後は“司法書士・住吉寿夫”として新たな世界を切り開いていくこととなります。

「これからの目標は、“人間を磨くこと”ですかね。資格を持って開業している人が多い中で自分を選んでもらうためには、やっぱり人間性が大切だと思うので。相手のことを思って、相手に居心地がいいと思ってもられる人間になりたいです。それに事務所のスタッフが増えたとしても、スタッフのことを考えた職場作りをしていきたいですね。学生の頃夏休みにワクワクしていたように、毎日ワクワクした気持ちで仕事が出来ればいいなと思っています。」

住吉さんが『40年以上勤められる』仕事を求めて資格取得を決意してから9年。

今では事務所を構え、司法書士として奮闘する毎日。


人生と向き合い、難関を乗り越え叶えた夢はまだ始まったばかり。

さらなる成長を目指して、住吉さんはこれからも挑戦し続けていきます。


◆住吉寿夫 司法書士・行政書士事務所

〒400-0034
山梨県甲府市丸の内3丁目32-15
パウゼビル1F

TEL: 055-298-6160
FAX: 055-269-8071
携帯: 080-5888-3570



住吉寿夫 司法書士・行政書士事務所WEBページ


バックナンバー
トップへ