ようこそ! ゲストさん 会員登録はこちらから
山を愛するアウトドア店・店主 | 石川 幸之助さん

石川幸之助さん(50歳)
南アルプス市出身 南アルプス市在住
“アウトドアショップオーナー”


「山梨県の魅力は何ですか?」

誰かにそう聞かれた時、すぐに答えられますか?

毎日同じ景色を見ている住み慣れた地だからこそ、なかなか気づかないことも多いのでは。

今回は、“山梨”を存分に楽しんでいる甲府市の人気ショップ「SUNDAY」オーナー、石川幸之助さんにお話を伺い、その極意をたっぷりと教えていただきます。

 

“楽しい”エッセンスを加えた店づくり

アパレルショップのバイヤーとして働いていた石川さん。

「店を通じて、もっと密接に人と繋がりたい」と考え、元々キャンプや山登りが好きだったことから、甲府市に「SUNDAY」をオープン。

「アウトドアグッズを扱うにしても、“楽しさ”というエッセンスを加えたかった。機能を重視しすぎると、本格的に使いたい人にとっては便利かもしれないけど、ワクワク感はないですよね。だから、うちの店には山登りをしなくても立ち寄ってくれる人がたくさんいるんですよ」

機能性だけでなくファッション性にも優れたグッズやタウンユースできるウエアなど、SUNDAYならではのセンスでセレクトされたラインナップが人気の秘密。店に通ううちに、山登りに興味を持ち、登山を始めた人も多いのだとか。

「うちの店が、新たな出会いのきっかけになる…それが何より嬉しいことです」

 

山が教えてくれたこと、それは意外にシンプル

石川さんの登山との出会いは、瑞牆山だったといいます。

「社会人になって軽い気持ちで行った瑞牆山の頂上に立った瞬間、うわ! なんだこれは!こういうことか!!と、ものすごい感動でした。自然の偉大さに触れて、自分が今まで見たことのない世界を知って…。山登りって、登って下って終わりじゃなくて、こんなに興奮するものなんだ!って。それから、すっかりハマッてしまったんですよね」

最初の頃は参考コースタイムの倍の時間がかかってしまい、クタクタになってしまったことも…。それでも山にどんどんのめり込んでいきました。

「物や情報が溢れている社会から遮断された不便な場所で、はじめて人間の本質に触れる。人は自然に生かされている…そんなシンプルな事実に惹かれて」

山登りから派生し、現在では山の中を走るトレイルランニングも楽しんでいるそう。

「登山もトレランも“自然と触れ合う”“山に行く”という点では同じ。まずはトレラン用のシューズに変えてみてほしい。足元が軽くなると、自然に荷物も軽くしたくなる。登りはもちろん歩いていいけど、坂道では少し走った方が楽なんですよ」


山をもっと身近に感じてほしいから

石川さんの人と繋がる店作りは「SUNDAY」だけに留まらず、数年前にランニングに特化した「道がまっすぐ」を甲府市北口、甲州夢小路にオープン。

「SUNDAYはどちらかというと、僕みたいにゆるく楽しみたい人向け (笑) 。僕はランニングの最中にコーヒー飲んで一服したいタイプ。だから、2号店は草分け的な感じでランニングに特化しました。どちらも楽しんでもらえたらなって思います」

毎週火曜日には「火曜ロード走○○km走っちゃあ」というグループランニングを開催。週ごとに距離を変えて、場所も甲府駅周辺、時には山の中など、コースを変更しながら走ります。実際に参加させていただくと、誰でも仲良くなれる和気あいあいとした雰囲気で、学生時代の体育の時間を思い出させてくれるような楽しい時間。ゆっくりペースの人に合わせて走ってくれるので、興味がある方は、まずは初心者向けの3kmコースから始めてみるとよさそうです。

「県庁所在地である甲府は、実は愛宕山にもすぐに入れる、山の入口にとても近い場所。遠くまで行かなくても、山は意外に身近にあると気づいてほしい。甲府の街中も本当に面白い。若い子達に体を動かすことの楽しさを知ってもらいたいなぁ」

 


これからも、楽しいこといっぱい!

2019年には10周年を迎える「SUNDAY」。

店内では年に何回も様々なコラボレーションで音楽ライブや楽しいイベントを開催。

そのほとんどが普段の何気ない会話の中から自然と決まるとか。

「人なき場所には何も生まれないと思っているので、すべて人との繋がりがきっかけになっています。スタッフも本当に店を好きでいてくれている。その点はとても人に恵まれていますね。いつかはキャンプ場をやりたい。場所はうちらしく、やはり甲府近辺で…」

関わり合う人を敬い、大切にしている石川さんの周りにはどんどん人が集まり、楽しいことが生まれ広まっていきます。

山梨ならではの魅力的な遊びはまだまだありそう。近所の河原の土手沿いを散歩するだけでも色々な発見があるもの。まずは車から降りて歩いてみるだけでも、非日常間は味わえそうですね。

まずは気軽にSUNDAYの扉を開いてみて。辛いことはゆるく、楽しいことにはストイックな石川さんが出迎えてくれます。きっと今の生活にプラスアルファの出会いがあるはず。


SYUNDAY WEBページ




今月の人 バックナンバー

 

“人”の側面から社会をサポート
『自分にできること』を求め続けるコンサルタント
樋口しのぶさん(44歳)
中央市出身 中央市在住
”人事コンサルタント”


移住して見えた現実と未来
~仁田平マルシェがもたらすもの~
栗原 俊行さん(58歳)
東京都出身 北杜市在住

”仁田平マルシェ”

 

桑の葉茶を通じて幸せな人生を
韓 成旼(ハン ソンミン)さん(39歳)
韓国昌原市出身

”株式会社桑郷 代表取締役”


「健康安全郷育プログラム」で
覚悟を決めた
山梨を元気で明るく安全に
渡辺 光美さん(52歳) 西桂町出身 甲府市在住
”リズムオブラブ主宰・やまなし大使”

 

リーマンショックをきっかけに
覚悟を決めた
若き司法書士
住吉 寿夫さん(30歳) 南アルプス市出身
”司法書士”

 

自分らしくあるために―
高みを目指し続ける「職人」

坂田ひさしさん(61歳) 甲府市出身
SAKATA GUITARS

 

山梨から世界へ―
美味しさと笑顔届ける桃農家

森田絵美さん(31歳) 笛吹市出身
モリタファーム

 

「僕たちの商材はクッキングです」
未来の“食”を作るために

川越一磨さん(26歳) 東京都出身
株式会社コークッキング代表取締役CEO

 

とにかく楽しいことを――
“好き”が紡ぎ出す独自のスタイル
浜欠 宏幸さん(43歳) 富士吉田市出身 
Café Marche/Café troisième marché代表

 

地域密着型
プロアスリート
栗原正明さん(29歳) 東京都 江東区出身 
職業:地域密着型プロアスリート

 

異色の経歴の持ち主がたどりついた
パン職人という道
野田 敬一さん(47歳) 韮崎市在住 
職業:パン職人

トップへ