ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら

今話題のらーめん 無垢-muku- ツヴァイテに行ってきました♪
新横浜ラーメン博物館卒業し山梨へ

2020年07月21日
ラーメン 無垢ツヴァイテ

貢川の悠紀田通り沿い、nojima向かいに何やら行列…!!
でも、ここはおしゃれ居酒屋「22table@kookai」で、昼間営業はしていないはず??
実はこの居酒屋に5月末から間借りのラーメン屋さんがお昼だけオープンしていて、今話題沸騰中なのだ。その名も「らーめん 無垢-muku-ツヴァイテ」。

ラーメン 無垢ツヴァイテ

あの新横浜ラーメン博物館で人気を博し、ドイツのフランクフルトに本店を構える有名店。
コロナ禍で新横浜ラーメン博物館休館中に、店主が山梨出身ということもあり、地元へ。新横浜ラーメン博物館は6月26日で卒業したという。
化学調味料など、食品添加物を一切使用していない自然派ラーメン。入口にはためくのぼり旗が目印。

ラーメン 無垢ツヴァイテ

しお・しょうゆベースのラーメンは980円で、それぞれ1,580円の特製ラーメンがある。せっかくなので、“特製しょうゆラーメン”を食べてみることに♪

具材には、小松菜のお浸し、やわらかな食感が美味しい穂先メンマ、九条ネギ、甲州富士桜ポークの焼豚、甲州地どりのオイルコンフィ、甲州牛のローストに、色艶のいい三國屋の有明産海苔が3枚と、なんとも豪華!

ラーメン 無垢ツヴァイテ

地どりや豚の旨味に溢れる出汁に、ほんのりトリュフの香り。その秘密は、とろけそうにやわらかい、甲州牛のローストにあり。
フランスでお馴染みのオイルコンフィに甲州地どりがしっとり風味豊かになって登場!黒コショウがとってもいいアクセントに!

ラーメン 無垢ツヴァイテ

そして、「この麺美味しい!!」と思わず歓声を上げた、個人的にとっても好みの麺。細めのストレートで、さっぱりとつるつる食べられるのに、食感はしっかり存在感を放つ。
それもそのはず、こちらの麺、パスタやピザ用の小麦を使用したオリジナルなんだとか~。

ラーメン 無垢ツヴァイテ

カウンター席、テーブル席、ソファ席があり、コンクリート打ちっぱなしの壁に大きな窓、爽やかなグリーンがカフェ風のとってもおしゃれな雰囲気の店内。ここでいただく特製ラーメンは、ちょっぴり贅沢なお味で最高♪
そのほか、無添加の自家製コーラやローストビーフごはん、焼き豚ごはんなど、気になるメニューがいっぱい。
次回はしおラーメンを食べたい。夜の居酒屋も来たい。これは通わねば…。

らーめん 無垢-muku-ツヴァイテ

住所

山梨県甲府市貢川本町18-20 素美江ビル1F

営業時間

11:30~14:30
※夜は22table@kookaiの営業

定休日

水曜日

TEL

055-287-7822
※22table@kookaiと共通

メニュー

<フード>
・しょうゆラーメン 980円
・特製しょうゆラーメン 1,580円
・しおラーメン 980円
・特製しおラーメン 1,580円
・ローストビーフごはん 1,280円
・焼豚ごはん 580円
・白ごはん 100円

<ドリンク>
・プレミアムモルツ(生)中ジョッキ630円/グラス480円
・サントリー角ハイボール 480円
・自家製ナチュラルコーラ 380円
・青梅シロップソーダ 380円
・エルダーフラワーソーダ 380円
・山下農園100%白桃・ベリー A380円

<トッピング>
・ネギ50円
・三國屋有明産海苔(5枚)150円
・甲州地どりのオイルコンフィ(3枚)250円
・甲州富士桜ポークの焼豚(1枚)250円
・甲州牛のロースト(1枚)350円

※全て税込



トップへ