ビンテージハーレーから見える景色
バイクとともに広がる山梨ライフ

ツイート
シェア
ビンテージハーレーから見える景色バイクとともに広がる山梨ライフ

バル メイヤさん(56歳)
イスラエル出身 市川三郷町在住
“My Performance corporation代表取締役社長”


ヤシの木が生える芝生に一歩踏み入れると、150台以上のハーレーがズラリと並ぶ。

博物館クラスの品揃えを誇る、日本最大級のビンテージハーレー専門店「My Performance」。

昨年4月、この店を山梨県昭和町にオープンさせたMy Performance corporation代表取締役社長のバル メイヤさん。

イスラエル出身のバルさんが、なぜここ山梨でハーレーを販売するに至ったのか―。

その経緯やハーレーの魅力、山梨での生活について、お伺いしてみました。

 

22歳、SAMURAIに憧れ日本へ

イスラエルに生まれ、格闘技に興味を持ったのが22歳の頃。

ちょうど当時の日本は、キックボクシングや空手などの全盛期。

日本のSAMURAIに憧れたバルさんは、リュックサック1つ背負い、縁もゆかりもない日本の地に降り立ちました。

「若さかな、大したことじゃないと思った。怖いことなんか何もなかった」。

格闘技の中でも、自分に一番合っていると感じたテコンドーに励み、選手として福島や大阪の大会に出場。その後、コーチとして母国イスラエルと東京・葛飾区に道場を構えるまでになり、テコンドーを通じて日本での生活を定着させていきました。

 

 

東京とアメリカにバイクショップをオープン

テコンドーに夢中だった20代。

バイクとの出会いは…?

「テコンドーの道場へオートバイで通っていて、速く走るバイクが好きだった」というバルさん。

初めてオートバイを購入した店との縁で、バイク買取専門店を東京・江戸川と葛飾に2店舗オープンすることに。

なんと同時に、アメリカ・サンフランシスコにもレーサー専門のバイク販売店を開店し、レーシングチーム“ワールドモータースUSA”を立ち上げ、各種レースにも出場!

「あの頃はハーレーには興味なかった。どれだけ速く走れるか、それだけを考えていた」。

東京とアメリカを行き来する生活を送ること13年、ついに42歳でビンテージハーレーの魅力に気付いたバルさんは、転機を迎えます。

 


いつしかビンテージハーレーの虜に

「音と振動。トコトン、トコトンという馬のヒヅメのような感覚は30~90年代のハーレーにしか感じられない」。

そんなビンテージハーレーに魅了されたバルさんはバイクショップを畳み、42歳から5年の間、京都府・舞鶴の港にてハーレーの輸入・ロシアへ車の輸出に携わり、2012年に横浜にビンテージハーレー専門店「MY Performance」を新規オープン。

そして昨年4月、ここ山梨県昭和町にMY Performanceの拠点を移しました。

 

山梨での仕事、暮らし・・・

なぜ山梨を選んだのか? その答えはとてもシンプル。

「日本のど真ん中で、日本のヘソだと思った」。

北海道から沖縄まで全国各地から集まるMY Performanceのお客様にとって、最も立ち寄りやすい場所が日本のど真ん中、山梨だと考えたのです。

また、リュックサック1つで来日した22歳から56歳になった今、門構えがある日本家屋に住むのが、本当に心地よいと語るバルさん。

「水、自然、果物―そして人もいい」。

山梨はいい意味で時代遅れで、90年代の東京を彷彿させるヒト、生活、そしてバイクカスタムのあり方があるといいます。

東京や横浜、京都、アメリカと多方面で過ごした20~40代。

「50代に入り、スローライフが送れる山梨がちょうどいいと思った」。

 

スピーディーなレーサー用バイクから、景色を楽しむビンテージハーレーに・・・

時が早く流れる都会暮らしから、スローペースな山梨の暮らしへ・・・

バイクの魅力とともに、ライフスタイルも変わっていったバルさん。

30年間に10回の引越しを経験したバルさんは

「山梨は人生最後の場所だと思っている」

と、笑顔で話してくれました。

 

山梨の地で、これから―

「山梨は遠出しなくても、キレイな自然が楽しめる。それが何よりの魅力」。

 

バルさんは毎月ツーリングを開催し、全国各地のお客様と一緒に山梨の景色をハーレーに乗りながら楽しんでいます。

「これからは山梨で大規模なイベントを開催して、日本全国のライダーを集めて、キレイな山梨をたくさん見せてあげたい」。

そんな夢を描くバルさんのこれからの山梨ライフ。

ビンテージハーレーを中心にますます輪を広げ、輝き続けていくことでしょう!



My Performance corporation
webページ



今月の人 バックナンバー

 

富士北麓地域の魅力を再発見!
地元の可能性を信じ、未来につなげる
鎌倉有佑さん(31歳)
富士吉田市出身 富士吉田市在住
“株式会社Civic Pride 代表取締役”
“富士の恵水株式会社 代表取締役”
“人材派遣・人材紹介 日富士株式会社 役員”

 

出会いと発見を大切に。
山梨に広がる“楽しい”の連鎖
石川幸之助さん(50歳)
南アルプス市出身南アルプス市在住
”アウトドアショップオーナー”


“人”の側面から社会をサポート
『自分にできること』を求め続けるコンサルタント
樋口しのぶさん(44歳)
中央市出身 中央市在住
”人事コンサルタント”


移住して見えた現実と未来
~仁田平マルシェがもたらすもの~
栗原 俊行さん(58歳)
東京都出身 北杜市在住

”仁田平マルシェ”

 

桑の葉茶を通じて幸せな人生を
韓 成旼(ハン ソンミン)さん(39歳)
韓国昌原市出身

”株式会社桑郷 代表取締役”


「健康安全郷育プログラム」で
覚悟を決めた
山梨を元気で明るく安全に
渡辺 光美さん(52歳) 西桂町出身 甲府市在住
”リズムオブラブ主宰・やまなし大使”

 

リーマンショックをきっかけに
覚悟を決めた
若き司法書士
住吉 寿夫さん(30歳) 南アルプス市出身
”司法書士”

 

自分らしくあるために―
高みを目指し続ける「職人」

坂田ひさしさん(61歳) 甲府市出身
SAKATA GUITARS

 

山梨から世界へ―
美味しさと笑顔届ける桃農家

森田絵美さん(31歳) 笛吹市出身
モリタファーム

 

「僕たちの商材はクッキングです」
未来の“食”を作るために

川越一磨さん(26歳) 東京都出身
株式会社コークッキング代表取締役CEO

 

とにかく楽しいことを――
“好き”が紡ぎ出す独自のスタイル
浜欠 宏幸さん(43歳) 富士吉田市出身 
Café Marche/Café troisième marché代表

 

地域密着型
プロアスリート
栗原正明さん(29歳) 東京都 江東区出身 
職業:地域密着型プロアスリート

 

異色の経歴の持ち主がたどりついた
パン職人という道
野田 敬一さん(47歳) 韮崎市在住 
職業:パン職人