バロックの巨匠たち ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代

バロックの巨匠たち ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代

バロックノキョショウタチ ルーベンス、レンブラント、ベラスケストエイコウノジダイ
見る/聴く
ツイート
シェア

本展では、チェコのプラハ国立美術館、ポーランドのヨハネ・パウロ2世美術館、フランスのシャルトル会修道院美術館の所蔵品より、ルーベンス、レンブラント、ベラスケスなど、バロック美術の巨匠たちの作品を展示します。神話画、歴史画、肖像画、静物画などさまざまなジャンルの西洋絵画をお楽しみいただける展覧会です。

美術における「バロック」とは、一般的には16世紀末頃から18世紀初頭にかけてイタリアを起源としてヨーロッパで広まった様式を指します。その語源は、ポルトガル語で「歪んだ真珠」を意味する「バローコ(Barroco)」であるとする説が有力です。写実的な描写と劇的な明暗法によるドラマチックな表現が特徴と言えますが、およそ100年の間にイタリアからヨーロッパ中に伝播するうちに、各地の独自性を帯びて発展していきます。本展では、イタリア、オランダ、フランドル(現在のベルギーとフランス北部にまたがる地域)、スペイン、フランス、ドイツの作家たちの作品を、地域ごとのセクションに分けて展示します。

バロック美術の揺籃の地イタリアは、カトリック勢力の中心地であり、16~17世紀のカトリック改革期には人々の信仰心に訴えかけるような明快で写実的な宗教画が求められました。バロック美術の隆盛は、このような時代の動きと密接に繋がっていました。イタリア絵画のセクションでは、バロック様式に影響を与えたヴェネツィア派のティツィアーノやティントレット、バロック様式の開花に貢献したカラヴァッジョ派の画家たち、ボローニャ派のグイド・レーニやドメニキーノの作品などを展示します。

オランダは1581年にカトリックのスペインから独立を宣言し、プロテスタントが主流となって市民社会を形成しました。イタリアで誕生したバロック様式はカラヴァッジョ派の画家たちによってオランダにもたらされ、レンブラントなどに影響を与えます。オランダ絵画のセクションでは、レンブラントをはじめ、カラヴァッジョ派のテルブリュッヘン、静物画家のファン・スホーテンやデ・ヘームの作品などを展示します。

オランダ(北ネーデルラント)がスペインから独立した後も、フランドル(南ネーデルラント)はスペイン領にとどまり、カトリックの壮麗な様式を発展させます。フランドル絵画のセクションでは、バロックの代表的な画家であるルーベンスやヴァン・ダイク、また農民の生活を描いたブリューゲル(子)の作品などを展示します。

スペインでは、フェリペ2世やフェリペ4世といった16~17世紀の歴代君主が芸術を重んじ、またカトリックの勢力が強大であったことから、美術の黄金時代を迎えます。スペイン絵画のセクションでは、ベラスケスの肖像画、ムリーリョの聖母子像、リベーラの聖人像などを展示します。

本展ではさらに、フランス、ドイツの絵画も展示します。バロック絵画の多様性を実感しながら、その魅力を味わっていただける展覧会です。

アンソニー・ヴァン・ダイク《エジプトへの逃避途上の休息》
ヨハネ・パウロ2世美術館 ©Museum John Paul Ⅱ Collection

グイド・レーニ《聖家族-エジプトへの逃避途上の休息》1637年 
ヨハネ・パウロ2世美術館 ©Museum John Paul Ⅱ Collection

 

【名 称】
バロックの巨匠たち ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代
 
【会 場】
山梨県立美術館 特別展示室
 
【会 期】
2017年4月15日(土)~6月11日(日)
 
【休館日】
4月17日(月)、24日(月)、5月8日(月)、15日(月)、22日(月)、29日(月)、6月5日(月)
 
【開館時間】
9:00~17:00(入館は16:30まで)
 
【主 催】
山梨県立美術館 山梨日日新聞社・山梨放送
 
【後 援】
駐日ポーランド共和国大使館 テレビ山梨 テレビ朝日甲府支局 朝日新聞甲府総局
毎日新聞甲府支局 読売新聞甲府支局 日本経済新聞社甲府支局 産経新聞甲府支局 
共同通信社甲府支局 時事通信社甲府支局 山梨新報社
日本ネットワークサービス エフエム富士 エフエム甲府
 
【協力】
山梨交通株式会社
 
【企画協力】
ホワイトインターナショナル

開催場所 〒400-0065
山梨県甲府市貢川1-4-27 (山梨県立美術館 特別展示室)
主催 山梨県立美術館 山梨日日新聞社・山梨放送
TEL 055-228-3322
※お問い合わせの際はPORTAを見たとお伝えください
開催日 2017年4月15日 ~ 2017年6月11日
開催時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
駐車場 乗用車345台、バス16台、身障者用6台
URL 山梨県立美術館イベントページ
備考 ※ ( )内は20名以上の団体料金、前売券、県内宿泊者割引
※高校生以下の児童・生徒は無料
※県内65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料
※障害者手帳をご持参の方と介護の方1名は無料
参加費 一般1,000円(840円)、大学生500円(420円)
対象
大人
子ども
家族
デート
友人
誰でも
屋内

クチコミ

レビューを残す