ようこそ! ゲストさん メンバー登録はこちら

2019年度ヤング・ポートフォリオ展【中止】

ヤングポートフォリオテン

  • 北杜市 / 清里・大泉町
    • 美術・文化・個展

 

イベント中止のお知らせ

コロナウィルス拡大を考慮し、開催を中止とさせていただくことに決定いたしました。
 
 

世界の写真家の“原点”をコレクションする、それが「ヤング・ポートフォリオ」。

 

清里フォトアートミュージアムは、35歳までの写真家を支援するため、毎年「ヤング・ポートフォリオ」(YP)を通して作品を公募し、購入・修造しています。本展では、2019年度収蔵の作品を展示いたします。

 

■2019年度ヤング・ポートフォリオ(以下YP2019)の見どころ
●ヴァーチャルな世界を日常と感じている世代は、現実をどのように捉えているのか
2019年度購入者は1985年から1993年生まれ。物心ついた時からデジタルカメラや携帯で写真を撮って来た世代で、フォトジェニックなモノを捉える感覚が自然に培われ、ヴィジュアルセンスが充満していると3人の選考委員も共通した印象を語りました。
ヴァーチャルな世界が日常に溢れるなか、上野公園で撮影した淵上裕太の〈UENO PARK〉シリーズなど、カメラを介して“キャラクター”ではない生身の人間と対話し、自身の存在を確かめ、世界と向き合った作品が多く見られます。一方で、YPにて4回作品を購入している高島空太は、複数のイメージを組み合わせてスケールの大きな“物語”を生み出し、デジタルでなければできない豊かな創造性とイメージの抽象性が高く評価されました。

 

 

■2019年度ヤング・ポートフォリオ(第25回)データ 
選考委員:川田喜久治、都築響一、細江英公(館長)
作品募集期間:2019年4月15日〜5月15日        
応募者数:152人(世界22カ国より) 応募点数:3,848点        
購入者数:22人(国内10人・海外12人 / 8カ国・二重国籍を含む)
     日本/マレーシア/ベラルーシ/中国/韓国/台湾/ポーランド/ロシア
購入点数:136点(全作品を展示いたします)
●1995年度から2019年度までに作品を収蔵した作家の総数:802人(46カ国)6,241点

 

 

期間中の入館無料デー

5月18日(月)国際博物館の日
6月  1日(月)写真の日

 

基本情報

開催場所 〒407-0301
山梨県北杜市高根町清里3545-1222 清里フォトアートミュージアム
主催 清里フォトアートミュージアム
TEL

※お問い合わせの際は PORTA を見たとお伝えください

開催日 2020年4月1日(水)~6月14日(日)
※休館日:毎週火曜日
開催時間 10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
駐車場 45台
URL http://www.kmopa.com/
参加費 ・大人…800円
・学生(大学・専門生)…600円
・小学生以下…無料
※20名以上の団体200円引き
対象
大人
子ども
家族
友人
誰でも
少人数

クチコミ(0)

現在クチコミはありません。

クチコミを投稿する

注目の特集

トップへ